FC2ブログ

海の日

銀魂の小話置き場兼、感想とか語りとか。わりと腐向けです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

WJ47感想 

週の途中に休日があると、すごくゆとりある生活って感じですねー。
とか思ってダラダラ過ごしてたら、今日びっくりするぐらい何もやってません。
気が付いたら日が暮れてた。

そんな日に柿食べながら考えたんですが、高杉やヅラって、子供の頃からちゃんと柿剥いて、お皿の上に載ったのを楊枝使って食べてそうじゃないですか。
でも銀ちゃんは、明らかに柿そのままかじりますよね。
皮も剥かずにがつがつ食べて、最後にヘタと種だけぽいっとする派。
初めてそれを見た子杉と子ヅラの、『柿の皮って食べられるんだ!』という衝撃を受けた表情を想像すると、実り豊かな秋の夜になりそうです。しんすけくん馬鹿だから「かっこいい」と思ってすぐ真似する。そしてまんまとおなか壊す。幸せな思い出です。

本誌と全然関係ない前振りですが、続きからジャンプ感想です。



=BLEACH=
 一護と石田のやりとりが、理想的な土鴨の共闘バトルっぽくて、勢いで一護×石田に目覚めそうになりました。が、残念ながら石田かわいいとは思うけど一護かっこいいとは思わないから無理でした。私が一ルキも一織もまったく心が動かずに、恋ルキとウル織に走ったのもそれが原因。
 
=めだか=
 銀魂とめだかと、2人同時に『人でなしの螺子使い』で死亡フラグ立てないでー!
 ジャンプ漫画のモノローグなんて信じない。
 昔も、『蔵馬、逝く!!』とか書かれて翌週さらっと生きてたし。

=ハンター=
 ゾルディックさんちの長男が一番の好きキャラである私としては、今回の話が楽しみすぎて…。
 それにしても、タイトル『兄妹』で、キルアだけは「妹」と言ってるのに他の家族・使用人が「弟」「坊ちゃま」と呼ぶ違和感。どっちなんだろ。カルトも妹設定バージョンあるし、キルアが後継者扱いなのと何か関係があるのかなー。

=マジコ=
 黒魔女を見て「綾波さんだ」と思ったエヴァオタ、私だけじゃないですよね。

=銀魂=
 ああ、やっぱり銀さんのこと思い出したから助けたわけじゃなかったのね…。
 ちなみに今回やっと気が付いたんですけど、ちゃんとタイトルロゴも『~訓』も、最後のページの/おわり も金魂バージョンに変更されたままなんですね。そうか、まだ四訓か。
 
 正直、後半のくだりもさることながら、一番驚いたのはさっちゃんと月詠の親密っぷりでした。
 私これまでも感想でさっちゃんとツッキー仲良いしー、みたいな事言ってたけど、半分冗談のつもりだったんですよ。なのに本編であんなに仲よさげにされて、こっちが動揺しました。なんかもうポンポン言いたい事言い合って。
 「私なんだかおかしいの」「うん知ってる」とか!「だからそーいうんじゃなくって」とか!「そー言うんじゃないって言ってるだろこのアバズレ!」とか! なにこの距離の近さ!いつのまにこんな距離縮めたのこの二人!
 おまけに、当たり前のようにツッキーのうち押し掛けて、家族(日輪)ぐるみのお付き合い。日輪にも「あんた」呼ばわりなところを見ると、相当入り浸ってますよこれ。
 確かに、銀魂界随一のDV男を捨て切れなかった日輪に「だめんず好き」言われたかないでしょう。でも、なんでそんな事を吉原編に一切ノータッチだったさっちゃんが知ってるの。日輪を崇拝レベルで敬愛してるツッキーが、「ウチのねえさんの昔の男が最悪でさー」とか酒の肴に喋る話でもないだろうし。
 色々考えてたら、もしかして吉原炎上編で日輪とつながりの出来た全蔵が、地雷亜の忘れ形見的なツッキーの様子見にちょくちょく来てたりしないかなー、と思い立って。で、なんとなくさっちゃんも一緒についてきて、日輪に「若い子だけで遊んでらっしゃい」とか言われてツッキーと三人で飲み仲間になってたりしたらいいな。もちろんいつも全蔵のおごりで。あげくいつも酒癖の悪い女二人の面倒見る羽目になって、「だから俺ァ顔のいい女は大ッ嫌いなんだよ!」とか叫んでクナイぶっ刺されて帰ってくるそんな朝。

 脱線しすぎたので戻…るまえに一つ。
 「銀さんにお礼を言おうとしたのに、胸が痛くて言葉が出ない」という、ブルーローズクラスのヒロイン技をさっちゃんが発動したのに、スルーされすぎ。

 銀さんの「置いていかない」「一人で逃げない」が、これまでのちょっと追い詰められた感じじゃなくて落ち着いた目してて、もしかして銀さん本当に成長したのかもしれない。

 たまさんのヒロイン力が凄まじい…!本気で銀さんの嫁ランク一位です。
 いくらロボとはいえ、膝を砕かれ、腕を落とされた上に胸を一突き、は見ててうわぁ…ってなったところに、カウンターで洗脳部品を破壊ってカッコ良過ぎる。しかも以前銀さんにプレゼントしてもらったネジを武器にするという乙女力。
 たまさんの安否は、きっと源外さんが直してくれると信じてます…。だってほら、たまさん、芙蓉編でもボディ粉々になったけど記憶メディアと残ったパーツで復活したじゃないですか。金さんボディが作れるくらいなら、たまのボディ再生も問題ないはず。

 そしてサブタイトルの「金さんの金○」。 ボルトとネジで出来てたのか金さんの金さん…。源外さん、そこは手抜き工事だったのね。
 マジギレ顔とシリアスシーンなので最初見過ごしたけど、人のナニをもぎ取って顔面に叩きつけ、口に突っ込んだ挙句股間を木刀で突くという、とんでもない戦い方をする銀さん。
 最後のコマ、やられたのは「たまさん」じゃなくて、おまえの「たま」だよね、と突っ込むのが解答で、ファイナルアンサー?
 
 

category: 感想文

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yosinoya.blog60.fc2.com/tb.php/420-04c6e1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

リンク

お疲れ様でした(閉鎖・休止)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。