FC2ブログ

海の日

銀魂の小話置き場兼、感想とか語りとか。わりと腐向けです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

WJ29号  

こんばんは。

実はこの感想、二回目となっております。
最初に書いた時には、ここにすごく熱ーく、「平清盛おもしろいよ!みんなぜひ見て!」って事が書いてあったわけですが、どういうわけか投稿時にすべてふっとびました。

ステマじゃない…ステマじゃないんや…。
後白河帝っていうか気分的にはまだ雅仁さまとか、めちゃおもしろいんや…。
低視聴率番組の呪いか何かかかってるんでしょうか。

というわけで、宣伝諦めてささっとジャンプ感想です。
お妙さんが、第一話の設定を思い出しました。自分の身を売ってでも守ろうとした道場ですよ、姉さん!



=銀魂=

 冒頭、志村家の父上の名前に吹きました。志村剣て。お母さんは優香とか。
 道場で、「へんなおじさん!」「「「あそーれっ!!!」」」「へんなおじさん!」とか掛け声かけて竹刀振ってたら楽しそう。

 一さんと聞いて、新撰組好きとしては「もしかして斎藤さん!?」と思ったんですが、名字や人柄を見る限り違うようです。今後の真選組に期待。
 尾美一兄さま、出てくるなり「この方言、宇宙に飛び立つ行動力と全てを笑い飛ばす明るさ、これは坂本の古い知り合いフラグ!」と坂本クラスタを騒然とさせ、「宇宙を飛び回って、より強いものを求めるギャラクシーソードマスターとかいう中二病ホイホイの設定、これをあの二人が放っておくはずが…!」と高杉&神威クラスタを騒然とさせ、さらに「ヨーダに師事したビームサーベル使いということは、かつてダースベイダーと決闘したパピィともなにか関係が」と坊主クラスタが騒然としたかは分かりませんが、とにかく宇宙関係者をざわつかせた人騒がせな兄さまです。

 九ちゃんと近藤さんは、柳生陳陰流と自分のとこの田舎道場の再興をどうするのー。
 …というか、この一文を書く為に近藤さんちの流派を調べたんですが、作中ではっきり明記されてないんですね。ネタ元の近藤勇さんちは天然理心流ですが、銀魂の近藤さんちは田舎道場とか呼ばれてるだけではっきりとはでてこない。試衛館の名前は出てきてるのか、また時間があるときに調べてみよう…。

 近藤さんのバズーカはあれかな。沖田君の借りてきたのかな。
 そして、半分人間じゃないのはともかく、なぜそこで橋を落とすのか、全然わかりません尾美一兄さま!
 

=ハイキュー=

 西の谷に夕日が沈んで、東の峰に旭が昇る。なかなか風流な名付けだなあと思います。日向くんと揃って、太陽らしい明るさやあたたかさが感じられるキャラだなあと。
 その一方で、影山くんと月島くんの二人が、日陰者コンビのようでそれはそれでニヤニヤしたり。
 ちょっと本筋とは関係ないですけど、月島くんと影山くんのCP表記は月影になったりするんでしょうか。風流ですね。
 

category: 感想文

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yosinoya.blog60.fc2.com/tb.php/440-13fe165f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

リンク

お疲れ様でした(閉鎖・休止)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。