海の日

銀魂の小話置き場兼、感想とか語りとか。わりと腐向けです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2013年WJ1号 

 久しぶりに感想書いたら、むちゃくちゃ時間かかってびっくりしました。
 だいたい2時間近くも。こらあかん。何事にもリズムって大事ですね。

 関東の方でだいぶ桜が咲き始めてるみたいなんですが、こちら(中部)ではまだちらほら咲いたか咲かないか…?くらいです。まさか、桜前線まで名古屋飛ばしなんて。

 ジャンプは2013年に入って第1号。出たのはまだ12月でしたけどね。
 長らくお休みだったハンターの読みきりが掲載されてます。
 では、続きから感想です~。
 



=トリコ=

 巻頭カラーで思い出したけど、「食戟のソーマ」と「トリコ」って料理バトルものでジャンルかぶってる。
 以前の感想→(48号感想)で、グルメ7の名前を予想してたんですが、残念ながら今回登場したのはノマーチ(コアラのマーチ)氏、トッポ氏、アーモン(アーモンドチョコ?)氏とパッチ氏。アルフォートさんいなかった…。そしてパッチ氏の元ネタがわからない。

=ブリーチ=

 この口調と袖は、グリムジョーかな。で、ラストシーンで月島さんや銀城。もう、ここまで復活するならギンも出せばいいじゃない!ギンも復活させたげてよ乱菊さんとイヅルのために!あと鴨も魔界編とかで復活させてよ!ギャグ漫画で死んだ人は復活しないのに、バトル漫画で死んだ(はずの)人は比較的簡単に復活するってそんなの絶対おかしいよ!
 叔父貴ってまだ出てきてない気がするけど、誰だっけ。志波家いろいろあって良くわからない。
 そして黒崎くん、「刀を打ち直す」ってことのリスクについて、今週の銀魂を一度読んで考えてみて。


=ニセコイ=
 
 朝の星座占いや血液型占いのラッキーアイテムって、急に言われても困るものが多いですよね。緑間くんじゃあるまいし。
 一条くんのお姫様抱っこが正しいお姫様抱っこすぎて「おおっ」てなりました。そう、スカートは包み込むように!
 「身近な」赤いもの、と考えて千棘ちゃんのところにのこのこ行く辺り、この天然め…と思ったけどそれにしてもリボンの触り方がさわさわっていやらしい。なんだかいやらしい。


=べるぜ=

 石矢魔ベストカップル対決、古市&寧々さん対神埼&パー子ちゃん。
 司会のお姉さんの言う「「ただイチャつくカップルよりは微妙な距離感でアタフタする不良の方が見てる分にはおもしろい」に尽きるなって感想です。
 さりげなく「やりますか。そして付き合っちゃいますか」「なんだそれ告白のつもりか」ってやりとりもかわいかったし。
 料理対決で、意外と料理の出来る女だったパー子ちゃん。一見出来なさそうな雰囲気で、出だしで「さしすせそ」がわかんないとか「お茶漬け来いっ」とか言ってたのに、ちゃんとホワイトソースを手作りできるなんて!すごいよ!私ホワイトソースなんていつもハインツの缶詰だよ。
 神埼先輩のヨーグルッチ攻勢さえなければかなり美味しくできたんじゃないでしょうか。健気でかわいくてゲームも料理も出来るJK。かわいい。
 
 現在ジャンプ連載中の漫画の中で、私的な女子の可愛い打率が一番高いのは銀魂ですが、次点がべるぜバブ。女子は皆すごい可愛い。ただ男子キャラの存在感が非常に薄くて全体として萌えない。惜しい。


=銀魂=

 なんか、おじさんの奥さんにしては妙に若い感じだし、これ鞘違いじゃないの?と疑問に思わないでもないんですが、そんな事より総ちゃんに言いたい。

 伊東先生から貰った菊一文字RX-7をそんなビッチに出し入れするのはやめなさい!!!!!

 ちゃんと貰った時の鞘も取ってあるんでしょうね。プリティウーマンのジュリアロバーツはリチャードギアに見せられた夢のような世界に驚いて舞い上がりはしたけれど、最後まで彼の気分次第の所有物になるのはプライドが許さなかった、そういうストーリーなんでね。シンデレラストーリーに憧れてすぐさまめろめろになるような、そんな軽い女の子はお姉さん許しませんっ、ってミツバさんも草葉の陰で言ってるよ。多分。

 「怪しげな刀を手に入れた途端人が変わった」「刀に向かって話しかけたり奇行が目立ち始めた」って、完全にトッシー化現象とかぶってるんで、もうちょっと土方さんは真剣に考えた方がいいと思うんだけど。
 刀で苦労したって自覚があるならなおさら。
 
 私闘は禁止だ、という局中法度に対して「前にどっかの二人と私闘やった気がしたけど」とか、単行本にして50巻近くも昔の話を持ち出す銀さん。覚えてたのか…結構根に持ってんのかな。
 
 幹部全員が局中法度を放り出す中、一人で「局中法度どこ行った」ってツッコむ新ちゃん。やっぱり、真選組の後継者は新八にすべきなんじゃないだろうか。
 そして、以前は沖田に対して一歩引いた感じだった新八ですが、最近結構辛らつに当たるようになって来ましたね。スキー編とか銭湯編のあたりでつるむのが増えた頃かな。
 「とりえと言えば顔だけの変態ゴミクズ野郎ですよ」とか、新ちゃんが言ったのかと思うとなんだかゾクゾクします。なんだろうこの気持ち…興奮する…もっと言ってほしい。
 沖田の方も、「年上の友達のところにいつもいる空気的眼鏡」「大好きな近藤さんに可愛がられるうざい敵」「ろくでなし土方を尊敬するアホ」という誰かをクッションに挟んだ視点じゃなくて、オビワン編では「同じ弟分の矜持を持った相手」として自分自身の共感を持って関わってきたりしてるし。少しずーつ距離が縮まって行くのが感じられて嬉しいな。

 鉄子ちゃんがカッコ良く刀を叩きなおしてくれるはずが、まさかの大破。
 ブリーチの感想の時も言ったけど、一護はこのページをもう一度読んでから斬月の修理に向かった方が、ショックとか少なくて済むんじゃないかな…。

 銀さんのM字開脚はさすがにどうかと思った。

 

category: 感想文

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yosinoya.blog60.fc2.com/tb.php/471-b9ded33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

リンク

お疲れ様でした(閉鎖・休止)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。