海の日

銀魂の小話置き場兼、感想とか語りとか。わりと腐向けです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2013年WJ6・7合併号・8号 

 日増しに暑くなって来ますねー。
 5月5日は土方君お誕生日おめでとうございました。別館の方で一応土誕に合わせてお話上げましたが、誕生日とは一切関係ないお話になりました。
 ほんと誕生日にあわせて色々出来る方とか尊敬します。

 WJの方はまだ新年の名残の合併号の頃の感想です。
 ニセコイとハイキューの甘酸っぱい高校生組コラボが可愛いですね。

 銀魂はクサナギ編の最終話と、万事屋のすごろく宣伝回。
 宣伝と言えば、TVで映画のCMしてる豆しばコラボ銀さんが「豆だって亀だってなるよ」ってのがどうにも下ネタに聞こえてならないんですけど聞く方の耳が腐ってるんでしょうか。

 本編感想は続きから。



<WJ6・7合併号>

=黒子のバスケ=

 本編オールフルカラー、すごかったです。
 黒子はトラブルがなかなか収まらなくて作者の方も大変だろうけど、原作でこうして勢いのあるところ見せてもらえるのがファンにとっては一番嬉しいよね、と余計な心配ながら思っちゃいます。
 本編の感想としては、黄瀬くんあんまり無理しすぎると数年後に「身体を酷使した反動が…」とかでバスケ出来なくなるんじゃなかろうかって不安が。

=暗殺教室=

 ビッチ先生と師匠の烏丸先生暗殺勝負。
 烏丸先生のスペックが高すぎて、ビッチ先生の色仕掛けより「あざとい!烏丸あざとい!」って3回くらいつっこんだ。日本の精鋭組織って、ロシアの暗殺者よりそんな上なの?忍者の末裔とかなの?
 「顔見知りに色仕掛けとか、どうやったって不自然になるわよ!」という主張はわからなくもないけど、顔見知りならそれを逆手にギャップ萌え路線という手もあるんじゃないかな。

=ニセコイ=

 おしゃれを気付いてほしい千棘ちゃんと、スルーし続ける楽の攻防(?)。
 確かに、男子は思ってもあんまり言わないよな、とは思うけどシャンプー変えたとかは普通女子でも気がつかないよ。あといつものより5000円高いシャンプーって、定価5,000円でも十分無茶苦茶高いシャンプーだけど一体普段からどんなシャンプー使ってんのこのセレブ娘は。
 それより、「神戸牛じゃなくてイベリコ豚なんだな」とか「ビタミンはいいよな」とか、楽の料理方面の知識にちょっと引きました。牛か豚かはともかくなんで産地までわかるのかとか。豚肉がビタミン豊富って男子高校生の知識になんであるんだとか。君はソーマか。
 
 それと当時、ツイッターのフォロワーさんが「千棘がマニュキュアを塗る時の『キュッキュー』って音が気になる」って言ってて、確認してみたらほんとにきゅっきゅしてるんですね。

  ちとげ   …いやほんと、なにしてんの?

 当時の検証では「私達が知らないだけでキュッキュなるマニュキアが最近はある」「実はマッキーで色を塗っている」「まだカラーを塗る段階ではなく爪の表面を磨いている」とか言ってたんですが真相は謎のままです。

=BLEACH=

 王悦さんの声がオリエンタルラジオの藤森で再生されてるのはきっと私だけじゃない。

=銀魂=

 冒頭の沖田がマガナギの支配を跳ね返して剣を抜くあたりが、トッシー化のヘタレ状態から気合で剣を抜く土方と被って見えました。土方くんより簡単に自我を取り戻したように見えたけど。むしろ支配されてるように思わせておいて、いつでも自我を取り戻せたのかなと勘ぐっちゃうくらい。
 そして瀕死のクサナギを再度尻に刺して血を吸わせ復活を狙う銀さんに対して、自分も胸に剣を刺してマガナギに力を与える総悟。フェアじゃないとか言ってるけど要はノリで。総ちゃんのキャラ的にノリはわかるけど、あれでいいなら銀さんも尻じゃなくて胸とか喉に刺せばいいのに!

 結局、食ったつもりが食われていた魔剣マガナギ。…もはや総ちゃんが本当に地球人かどうか怪しくなるレベル。食い尽くせなかった、ならまだわかるよ。でも天人のエネルギー食い尽くして滅するとか地球人にそんな能力ないよ!(たぶん!)
 最近総ちゃんチート化現象が進んでいるので、この分ならいずれ神威君と戦うのも夢じゃなくなって来てるかも知れない、とちょっと期待が膨らみます。にーちゃん的には銀さんと戦いたいみたいだけど、銀さんには高杉の方に集中してもらいたいので。

 ラストでは、鉄の砂になったクサナギたちエクスカリバー星人の残骸を集めて新しい刀を新調する…というくだり。これは、両親の遺志を受け継いだあたらしい命(刀)って事で父娘の近親相姦的な心配は要らないのかな、とか余計な心配をしつつ、どうやらサーヤはその新しい鈍と引退するようなので、また総ちゃんの愛刀は伊東先生からもらった菊一文字になるんだなってほっとしました。


<WJ8号>

=暗殺教室=

 イリーナ先生カッコいい。凄腕の殺し屋として登場したイリーナが、今回の師匠の登場で挑戦と克服を重ねてきた努力のプロフェッショナルだとイメージ転換に成功した感じ。
 ワイヤーのトラップからマウント取るまでの流れもカッコいいけど、頬を上気させてはあはあしてるアップのコマとかお腹の上でおっぱいおしつけて「ヤりたいの…ダメ?」とか、あの構図は生徒の目には毒や…。
 結局、はたき込みからの決まり手は泣き落とし。
 残留決定後のほっとため息ついてるイリーナ先生、ねえそこまだ烏丸先生の上でしょ。そのポーズなんかエロいよ。

 師匠はやっぱりいい師匠でした。

=ニセコイ=

 眼鏡をなくしたるりちゃん回でしたが、舞子君が株を上げた回じゃないのかなってイメージ。
 飄々としていつもはバカやってるけど、実はしっかり周りの事見てるし、余計なこと言っちゃダメだよと嗜めるところが偉いなあと。

 ただ、私は千棘派だから余計そう思うのかもしれないけど、ニセコイのテーマ的に多分楽は最終的に千棘とくっつくんじゃないのかと思うんです。
 でも小野寺派の人からしたら、それってすごく腹立つよなあとも思います。だってお前、ずっと小野寺の事好きだって言ってたじゃん!それを後から出てきた可愛い子にちゃっちゃと乗り換えるなんて酷い!最低!男のクズ!ってね、多分私がるりちゃんだったら思う。

 あと舞子君の好きな人は、るりちゃんでいいのかな。これでるりちゃんじゃなくて小野寺さんだったらすごいと思うけど。ラストで楽を諦めて前に進もうとする小野寺さんに、絶妙なタイミングで近づいてきて支えてたりしたら。るりちゃんが全てを悟って「ずっとチャンスを待ってたの?」って聞いてもただ笑って返すだけだったりとかしたら。 いかん、すごく見たくなってきた。

 「あなたのそばにいる女の子の事を考えてあげて」って言われて、「千棘の事?」と返す時点で楽の中ですっかり千棘が一番身近な女の子になっていることが伺える。
 最近、よくこういう事言うんだ、楽。鶫の手料理食べてる時に、「ハニーは料理が下手だから」とか。「ハニーは数学が得意」とか。言われた方はイラッとしてないのかな、今回のるりちゃんみたいに。

=銀魂=

 銀魂すごろくの宣伝、になってるようななってないような回。
 ハード持ってないので結局私は買ってないんですけど、まわりは結構盛り上がってました。
 
 バンナムさんのメインコンピューターにハッキングかけるたまさんの無双っぷり。
 今回ゲームネタが盛りだくさんだったんですけど、テイルズオブられてるのに会話ドラクエじゃねーかとか、バイオハザードだったりマリオブラザーズだったりゲームの選択が完全に懐古厨でした。
 
 しかしくさったぐらさん(38)からうつった「にーと」でパーティ全滅とか怖すぎますね。
 
 

category: 感想文

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yosinoya.blog60.fc2.com/tb.php/476-5ae5f4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

リンク

お疲れ様でした(閉鎖・休止)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。