FC2ブログ

海の日

銀魂の小話置き場兼、感想とか語りとか。わりと腐向けです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2013年WJ11号・12号 

 前々回の感想の時、銀さんと総ちゃんが仲いいのが好き、と言ってて。
 さらにその前には新八と沖田が絡んでると嬉しいと言ってて。
 さらにずっと一貫して沖神厨。

 もうこれ、沖田君が万事屋に婿に来ればいいのに。はないちもんめとかで「あの子が欲しい」ってノリで来ればいいのに。と妄想してたんですが、しばらくは「働かなくていいとか極楽ですねぃ」とか言ってた沖田君が、しばらくしたら夜な夜なふらふら歩き出しては「近藤さんのところに帰りたい」ってしくしく泣き出すハイジ状態になりそうでだめだな、こりゃって。
 沖田君、早く近藤さん離れしないかなあ。

 本誌感想は続きから。
 銀魂は今回は一回休んで、幾松父親篇のラストまで。



<WJ11号>

=ワールドトリガー=

 表紙の黒い子見た時は「うん?黒いハロ?」とちょっと思いましたが、本編すごく面白かったです。
 もうすぐにそのままアニメ化できるんじゃないかってくらい、SFちっくな世界観とキャラクターがしっかりしてる。トリガーを使った戦闘シーンも迫力があるし、冒頭や回想で出てくるキャラの見せ方も興味をそそって上手い。
 (本当は三話目ぐらいで気がついたんですけど)これ、賢い犬リリエンタールの作者の方だったんですね。
 リリエンタールも科学の話とかすごく上手く読ませておもしろかったんだけど、やっぱり主人公がのんびりした犬ということでバトル面が弱くていまいち伸びなかったので、今度こそ期待できそうです。

=ハイキュー=

 わーい、及川さんきたー。
 及川さん推しではないですけど、この人心を弄ぶことを娯楽としてそうな性悪女王様(偏見)がどんな意地悪をして、影山くんやツッキーや日向達を揺さぶるのかと思うとわくわくしてくるよね。

=ニセコイ=

 オールバックなのに×ヘアピンは譲らない楽…。いやしかし今回はかっこよかった。
 仕事のノウハウとかまったく教えてもらってないはずの高校生が、いきなり社長秘書やれって言われて徹夜でバリバリ仕事こなすなんて適応力凄いなあ楽くん。
 千棘がかわいそうだからって、ただ情に訴えて説得しようとするんじゃなくて、ちゃんと俺が頑張って仕事片付けたら会う時間が作れるでしょうって筋道立てて説得して実際やり遂げるところが素敵。
 それと、千棘のお母さんの冷たい態度も、完全に勘違いとすれ違いだったことがわかってほっとしました。
 すれ違いだろうなとは思ってたけど、まさか当人が「自分が娘に冷たい態度を取っているように見えている」って自覚すらなかったとは思わなかった。あと、煙草は千棘を授かった時にすっぱりやめたってところが凄く胸に来ました。
 でも、こんなことされたら好きじゃなかった人でも惚れるわ。

 まったく関係ないけど、ちょっとほつれた髪とかカロリーメイト齧りながら眼の下に隈とか、土方君にされたらたまんないな…。

=銀魂=&=BLEACH=

 揃ってインフル休載でした。空っちも久保っちも、いつもまにかジャンプの中でも長期連載組の大御所クラス。
 載って無いと寂しいけど、身体大事にしてください。




<WJ12号>

=ハイキュー=

 表紙&巻頭カラーで、青葉城西戦の力の入れ具合が感じられます。表紙のトス上げ月島君がかっこいい。
 カラーで見ても及川さんふんわりしてるなー。
 でもチームメイトの一人一人を良く観察してコミュニケーション取ってるところが出来る営業マンみたい。(あと岩ちゃんとのやりとりもかわいい)
 そのあたりが、烏野だと菅さんに出来て影山くんには出来てないところなんだろうな。

=ニセコイ=

 いいシーンだけど、いいシーンだけど、飛行機の離着陸時は携帯電話の電源をお切りくださいぃぃぃぃぃ!
 親子で泣くシーンや、スイートのベッドでパジャマパーティーは可愛らしかったです。ただ、新しいリボンを貰った千棘が「ありがとうママ。でも…」という台詞に被って(シュル…)と擬音が入って「私はまだこのリボンを…」といつものリボンを手にしてるんですけど。…いやそれ今どっから出した?シュルって擬音的には今頭から外しましたって感じだけど、もう前のページから頭なんにも付いてなかったよ?
 この間のマニキュアに続き、謎擬音がたまに現れる、ニセコイ。

 雪が降る中朝の4時過ぎに行ってらっしゃいとホテルから娘を送り出すのも凄いなと思ったけど、徹夜が日常の社長さんだとそういう意識も薄いんでしょうか。
 ちょっと重そうに頭を持ち上げて膝に乗っける、後ろ頭の髪をくしゃとする、一連の流れがいいなぁと思いました。でももの凄く寒いはずだからせめて毛布くらいかけてあげて欲しかった。

=BLEACH=

 前回で終わったかと思ったら、今回も延々濃厚なイチャラブでしたー。
 しかも前回はお互いの気持ちが重なり合わなくて切ない感じだったのに、今回は心から喜び合って溶け合って微笑み合って、ありがとう、さようなら、世界でただ一人 私を悦ばせた男(ひと)。
   
 BLEACHの至高のカップリングは、自分の全存在、全生涯を乱菊のために捧げたギンのプラトニックラブだと思ってますが、もうこの数週での剣烈の壮絶さには対抗できるもの無いんじゃないかと。

=銀魂=

 紅桜の武装天人集団ですら突破した二人に、この程度のダンボール軍団なんて敵じゃないだろうとも思ったけど、銀さんはとにかくヅラさんが好きなんだねえ…。
 ヅラはお前の相手にはもったいないだって。お前なんか俺で十分とか。幸せになってほしいんだろうな、多分攘夷とかもうやめて、ラーメン屋の親父にでもなっちゃえよって思ってるんだろうなあ。

 幾松と父親との関係性と、平子と次郎長親子や京次郎の親分と鬱蔵の関係性との類似性とかそれに対する銀さんの態度の違いとか何かすっきりしないものを感じるんですけど、ラーメンを追って川に飛び込んだ幾松を助けるシーンはぐっと来ました。
 でも、幾松のお母さんや旦那さんが幾松さんに生前ついてた嘘については、あまりいい話と思えなくて。
 これまでも何度も感じてきた違和感なので、たぶん私と空知さんの「家族や一番大事な人に良かれと思って死ぬまで黙ってた(騙してた)」って事実に対する泣けるツボが違うんだと思ってます。

category: 感想文

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yosinoya.blog60.fc2.com/tb.php/478-7ddf181c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

リンク

お疲れ様でした(閉鎖・休止)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。