FC2ブログ

海の日

銀魂の小話置き場兼、感想とか語りとか。わりと腐向けです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2013年WJ24号・25号 

 20130622.jpeg   20130623.jpg

うーみー。

いつもあんまり殺風景なので、ちょっとでも爽やかさを出そうかと写真貼ってみました。
週末に会社の上司や先輩と旅行に行ったんですけど、行き先が実家のすぐそば。ホテルとか実家から車で10分の距離。
もう新鮮味とかまったくなし…かと思いきや、観光客目線で地元を見られて思いのほか楽しかったです。
メロン食べ放題とか初めて行った。
小学生の頃は家で食べ放題してたけど。

というわけで、前段とは関係ないですがジャンプ感想は続きから。
一回書いたけど、うっかりキャラの名前調べようとグーグル開いちゃって全部消えました。
もうねむい。



【WJ24号】

=ソウルキャッチャーズ=

 何となく主人公二人の組み合わせに既視感があるなー、と思ったら、『ヒカルの碁』に似てる気がしました。
 設定はまったく違うんだけど。
 部活動と超能力っぽい能力、という異質なもの同士のを組み合わせが、幽霊とリアルな囲碁業界を組み合わせたところに。素人だけどその異能ゆえに本質を見極める主人公と、天才ゆえに苦悩するライバルキャラ、という組み合わせがヒカルとアキラの二人にかぶって。
 おかげでここ数日、ヒカ碁ブームが来てずっとアニメのOPEDをBGMにしてるくらいです。

 ただ違ったのは、囲碁を愛するからこそヒカルをずっと認められなかったアキラと違って、刻阪くんが意外とすんなり神峰くんの能力を受け入れたところ。
 ライバルキャラだと思ってたら、パートナーだった!みたいな驚きが。自分の異能を持て余していた神峰くんに、その能力を「理解して、受け入れて、前向きに使わせよう」とする刻阪君の純粋さがちょっといいなあと思いました。

=ソーマ=

 銀さん、スーツ着るとあの筋肉どこ行ってしまったの…?ってくらい着痩せしてる。
 乾シェフの茶々に対して、アイアンクローで応戦する四宮シェフ、って流れが可愛かったです。「黙ってろヒナコ」とか、名字じゃなくて名前呼び捨てだし。学年にして一つ違いのこの二人が、在学時代はどんな関係だったのか、回想回とかあるといいのに。ずっと今みたいな感じなのか、それとも「女帝と呼ばれ恐れられていた」だけにギスギスしたライバルっぽかったのか。だとしたら時を経て今みたいになった経緯とか想像するとなお楽しいのに。
 「聞こえてんぞ水原コラァ!」の時の顔といい、同世代には結構フランクな感じよね四宮さん。

 今回の食戟は、田所シェフがメインで作るように、って条件は、ちょっと急で騙し撃ちっぽいけど経緯を考えれば妥当かな。ここでただ幸平くんのサポートしてるだけで残ったら、もうめぐみちゃんただのモブキャラか試食要員としてしか存在価値なくなっちゃうもの。

=ハイキュー=

 お、及川あああああ!!!牛若くん、そんな強かったんだね。
 なんだか前にも後ろにもでっかい壁があってそれがどんどん迫ってきて、サンドイッチの具みたいに押しつぶされて苦しんでる姿が浮かんできて辛かったよ…。
 そして、中一飛雄ちゃんの無邪気な追いつめ発言もえぐられた。本人に悪気はないし、実際何にも悪くないんだけど「黙れこっちくんな」って言いたくなる気持ちは伝わってくる。
 そして、おちょくられてばかりだった岩ちゃんが、実は絶大に信頼されてるイケメン彼氏だった事が判明してきゅんとしました。岩ちゃんががっつり怒ってくれるから精神バランスとっていつもふざけていられるんだね…。
 黒バスのレインボー先輩も、静かに身を引いたように見えるけど内心はもっとずっと葛藤とかあったんだろうなあ。

 及川さんにキュンキュンしつつも、一番きゅうううんとしたのは飛雄ちゃんがツッキーのユニフォーム引っ張ったコマです。ごめん。

=銀魂=

 ここ最近のなつかしキャラ再登場率からして、もしかしてスナイパーってあのスナイパー亀!?
 …と思いましたがまったく別スナイパーでした。
 晴太のお弁当回に続いて比較的まともなお兄ちゃんキャラだったけど、これまで姉は聖女扱いだったのに兄貴は変態かろくでなしばっかりだったのの埋め合わせでしょうか。
 多分まだ、地雷亜の人差し指分くらいしか埋まってないだろうけど。

=ブリーチ=

 いやーーー………。

 なんかいや、もう、前半のへこみきった竜弦と一緒に傷つこうとする片桐さんと、後半の幸せが超新星爆発をおこしてる黒崎夫婦の新婚時代との落差になんかもう、不条理だって気持ちしか沸いてこなくて。
 竜弦さん、ずっと後悔するんじゃないのかな、あの時もし真咲を無理にでも止めてたら。あの時助けに入るのが間に合ってたらって。
 でそれを全部知ってて片桐さんずっとそばで支えるわけでしょ。竜弦さん結局クインシー廃業してるわけだししかもその理由を息子には「金にならない」とか貶しておかげで雨竜とは険悪になってるし。

 前に顔合わせた時、石田パパが一心さんの事「黒崎」って呼んでたから、これっきりってわけじゃなくて交流があったみたいだけど、自分から彼女を奪った男を「真咲の名字」で呼ぶまでの心境ってどれほどのものがあったのかな。

 あと浦原さんは一護と雨竜が言い争ったりするのを見て「あー、アタシがあん時口出さなかったら生まれなかった子達だなー」とかちょっと感慨に耽ったり、…しないか。しないな。浦原だもんな。
 いや、どうかな。真咲さんが普通にあそこで死んでたら、竜弦やっぱり別の人と雨竜もうけてたのかな。
 
=べるぜ=
=ワールドトリガー=

狙ったわけじゃないんだろうけど、べるぜの鷹宮くんとワールドトリガーの三輪くんは、詰襟黒髪前髪の形が同時期登場キャラとしては似すぎてて笑える。




【WJ25号】

=暗殺教室=

 「ンもーしょうがないなー」のカラーリングが地味にドラえもん。確かに頭の形とか良く似てるけれども!
 前回の授業の時、カルマ君が居なかった理由があっさりと「サボり」と判明。でもカルマ君が居ても、烏丸先生渚君選んだんだろうな。
 森の中のプールが凄く羨ましかったー。
 冒頭の写真の通り、私は実家が海の側だったので海でならいくらでも泳げたんですけどね。正直海嫌いでした。だって塩水ってべとべとするし。砂浜熱いし水から上がると砂とかいっぱい付くし、岩場は得体の知れない虫や生き物がウジャウジャしてるし。
 綺麗な川で遊べる山の子供達がとっても羨ましかったです。
 そういう意味でトラウマ発症回。

=ソウルキャッチャーズ=

 クールキャラに見えた刻阪くんが思いの外熱い上にぶっとんだキャラしてて面白かったー。
 やっぱり真面目クールのようでむしろ頑固一徹熱血キャラだったアキラに似てるな。でも刻阪君の方がストレートに好意を表現してくれて、第2話にして友達宣言までして号泣させちゃうあたりさすがハートキャッチャー。

 それにしても懐かしい「未成年の主張」。
 この屋上から全校生徒に向かって思いのたけを叫ぶ、という様式がかつてのV6の番組「学校へ行こう」の人気コーナーだったとわかる世代ってどのあたりからなんだろう。さらにこのコーナーの元ネタがドラマ「未成年」の最終回で、いしだいっせいが叫んでた事とか、刻阪くんが演奏したカーペンターズ「青春の輝き」がドラマのED曲で、「学校へ行こう」でもラストシーンで毎度おなじみだった事とか、…語りたい。誰かとあの頃を語りたい!

 私の頭の中では、もう岡田君とか森田君が「青春の輝き」に乗せて「ときさかぁぁぁ~!!」って叫びながら刻阪君に走りよって行くシーンまで再現されてるんだけど。

=黒子=

 センターカラーのレインボー先輩カッコいい!
 リストバンドが名前にちなんでか虹色だったのがちょっと微笑ましかったです。
 ただ虹村先輩、現在のお話には影も形もないので、もしかしてバスケやめちゃってるのかなー、とかもしかして海外に留学?とか思ってるんですけど、もし海外の場合、外国だとレインボーカラーのアイテムは性的マイノリティの方たちの象徴グッズらしいので、誤解されてないかなとかちょっと気になります。

=ブリーチ=

 ああ、そうか真咲さん滅却師の力失ったわけじゃなくてそれまでは普通に強かったんだ。
 やっぱり雨竜のお母さん片桐さんかー。

 このあたりはやっぱりなーという感じで読んでたんだけど、一護も雨竜も母親が死んだ原因が同じだったところは結構びっくりした。片桐さんは普通にはかなく病死っぽいなと思ってただけに。(実際、身体が弱かったから力を奪われたきっかけでなくなったんだろうけど)
 
 「レイン」シリーズのラストで「雨竜」を持ってくるのに痺れました。一護の母親が亡くなったのが雨の夜だったのはずっと印象的に描かれてたことだけど、このために雨竜の名前も仕込んであったのかなー。
 後付けかもしれないけど、BLEACHのこういうロングシュート的な伏線がすぱっとはまった時は本当に気持ちがいいです。
 
 
=銀魂=

 AKBの総選挙に合わせたのか、お通ちゃん回でひっさびさにお通ママ登場。
 スカウトマンが「冬本 康」で、某秋元さん随分落ちぶれましたねって思ったけどお通ちゃんのプロデューサー、つんぽさんだもんね。つんぽさんさん再登場も期待するよねそりゃね。

 と思ってたらプロデューサーまで一新された!ちょっと宇宙で海賊乗っ取ってる間に、白夜叉に音楽を奪われたでござる!万斉くんかわいそう!

 神楽ちゃんの場合お前の相棒何人だ、が「宇宙人」もしくは「天人」になるので途端にマクロスっぽくなる。

category: 感想文

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yosinoya.blog60.fc2.com/tb.php/486-9450a740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

リンク

お疲れ様でした(閉鎖・休止)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。