海の日

銀魂の小話置き場兼、感想とか語りとか。わりと腐向けです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

最後の劇場版 


 30日までだと思ってた地元の劇場が今日までやってたので、ラスト見納めに行ってきました。
 最終の回だからってのもあるんでしょうけど、もう公開されて2ヶ月近く経つのに席もほぼ満席で。前から後ろまでびっしり入ってて、あやうく私入れなくなるところでした。
 客層も家族連れとか男性とかカップルとか、いっぱいで嬉しい…。

 たぶんきっと、この中に公開初日の午前0時に一緒に見た人居るんじゃないかなーってしみじみしながら鑑賞。

 観る度に泣ける所が変わるんだけど、新八が登場した瞬間泣きそうになったのは初めてだし自分でも意味がわからなかったです。
 沖田君出てきたときも「ウッ」ってなったからもしかしたら急性編み笠アレルギーとかかもしれない。

 以下ちょっとだけ映画の感想なので畳みます!



 今回観てて、「あっ」って思ったシーンが、近藤さんが新八に「お妙さん元気?結婚とかしてない?」って尋ねちゃって、地雷踏まれた新ちゃんが近藤さんの顔を鷲掴みにするところ。

 あそこ、今まで意識してなかったけど刃物抜いた沖田の目の前だよ。
 いつもの沖田なら、誰かがそんな事しようもんなら相手の事情も心情も関係なく光の速さで刀突きつけて「その薄ぎたねぇ手をどけろ」ってやってるはずだよ。
 それなのに、新八が近藤さんに暴言吐いて立ち去るまで怒った顔するでもなく黙って見送って、「仕方ねーよ」みたいな事まで口にしちゃうし。
 
 いや結構衝撃だったよ、他に居ないよ、沖田の目の前でなんも悪くない近藤さんに一方的に暴行暴言して見逃してもらえる人って。弟分同士、気持ち解り合い過ぎだよ。どーすんだよ、最近沖新に本格的に目覚めそうな勢いだよ、これ以上私をマイナーの茨道に向わせないでおくれよ。
 そんな事つらつら考えながら観てたら、大江戸病院に近藤さんが現れたシーン、あれって沖田君が教えたの?って思いました。あのタイミングで他に教える人居ないよね?沖田はお見舞いに訪れたらしい痕跡(アイマスク)があったし。

 あと、今回ターミナル跡地でのバトルの全容がやっと掴めたんですけど(一回目とか暗くてまったく解らなかった)、途中で銀さんが「こいつ俺の動きを読んで…」って思ったところで、ふと「これ、えんみちゃんの正体が銀さんじゃなくて高杉だったらそれはそれですごいぐっと来てたなぁ…」って思ってしまって。ずっと一緒に戦ってきたから、銀時の動きなら手に取るようにわかるよなぁ。
 そっからえんみ高杉ストーリーが脳内で同時進行して大変な事になりました。
 そりゃあもうとんでもなく救いの無いストーリーになっただろうから、そうじゃなくて良かったんですけど。
 黒髪の高杉が真っ白な髪になってたら絵的にはインパクトあったよなとか、そしたらヅラさんの高杉コスとか「業を背負うのはお前だけではあるまい」って台詞が別の重みを持ってきたよなーって考えちゃって。

 それと最後のシーンで、万事屋四人が円陣組んでお互いの顔良く見せてってやってるところ。
 ちょっと前のヅラさんの台詞に重なった攘夷時代に円陣組んでる回想シーンとかぶっちゃって。そこに「たとえ未来で離れ離れになっても、また出会えるように」って台詞がきてうわああああこれ駄目だああああって…。
 

 観る度に話したいことがいっぱい増えちゃってもう、劇場で観られないのが寂しいです…。
 早くDVD欲しい。

category: 感想文

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yosinoya.blog60.fc2.com/tb.php/494-304a4204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

FC2カウンター

最新コメント

リンク

お疲れ様でした(閉鎖・休止)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。